肩のトレーニングはショルダープレスで(バーベルプレスも)

オス、KENです。

今日は肩のトレーニングです。

上半身、下半身、腹(体幹)と来たら、次に行きたいのは「肩」ですね。

肩は何かを上に持ち上げるという動作の機能的な面ももちろん鍛えられますが、見た目への貢献が大きい部位です。

肩周りが大きくなると、全身の見た目のバランスがよくなり、背中も広く見えます。

なで肩気味の人は、いわゆる逆三角形体型に見えるようになる効果もあるので、ぜひ取り組んでみてください。

肩のトレーニングと言えば、なんといってもショルダープレス。

ダンベルでやるのが普通ですが、もし肩だけをきっちり狙うならベンチに座って背中を固定して、肩の筋肉だけを意識してやるべきですね。
こんな感じ。

動作はあまり速くならないように、ゆっくり時間をかけて上げ下げすると効きます。
つい腕の力を使ってしまおうとしがちですが、背中から肩を意識して、肩の筋肉でダンベルを持ち上げる意識でやってみてください。

肩の筋肉は実はあまり大きくないので、重さはスクワットなどに比べると上がりません。でも、それでいいんです。
成人男子なら片手15kgも持ちあげられれば立派なものです。

また、上級者向けとしてはバーベルショルダープレスもあります。

こちらは、バーベルスクワットと同じで、肩だけでなく全身を使ってバーベルを持ち上げるのでファンクショナル的に肩だけでなくいろんな部位が鍛えられます。慣れてきたら断然こっちですね。えいやって全身を連動させるので動作が楽しいです。あと、プッシュプレスなど発展系もたくさん。

ビルダーの人でも肩にこだわりを持つ人は多いです。見た目が変わりますからね。
ぜひ、ぬかりなく鍛えてみてください。

KENでした!

スポンサードリンク

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ