【こちらが先】ビタミン不足でHMBは摂るな!?マルチビタミンの効果

こんにちは!KENです。

 

今日も筋トレしてますか?最近のKENは、フリーウエイトで表と裏をいっぺんに鍛える種目にハマっています。

ボディビルディング的な単関節トレも嫌いじゃないんですが、動きにキレがなくなる感じがして。

10歳くらい年上ですがイチローさんのように年をとれるように、最近はyoutubeでイチローのトレーニングの仕方をガン見しているKENでした^^

ビタミンを軽視する人が多すぎ

さて、今日はビタミンの話をしようかと思います。

サプリメントといえば、HMBなどややマニアックなサプリが最近脚光を浴びてますが(それ自体は悪くない)、基本とも言えるビタミンを軽視する人が多いなあと。

KENのまわりだとまーくんはその傾向があって、せっかく鍛えていい肉体になってきているのに、しょっちゅう体調崩して風邪をひいたりしています。

不思議に思って食生活を聞いてみると、鳥のささみとか高タンパクなものを気にして食べているのですが、野菜を摂っていないし、ビタミン系のサプリを飲んでいない。

(・・これじゃあ、体調悪くなるな・・)

と内心思いました。

5大栄養素と言われるくらいで、たんぱく質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラルというのは人間の体にとって必須の栄養素。

たんぱく質、糖質、脂質はそのままエネルギーになるので食べないと餓死してしまう重要な栄養素ですが、ビタミン、ミネラルはそれについで重要で、主に体の機能の調整や代謝に関わっています。

軽視しがちですが、超重要なんですよ!(まーくん)。

余談ですが、1960年にアポロ計画が成功した頃、ニクソン大統領が巨額の予算をガンの死亡率半減のための治療技術につぎ込んだことがありました。
しかし、一向に成果は上がらず「おかしい」とみんな首をひねったところ「治療」ではなく「予防」を重視するべきだよね、となったという話です。

そして、1976年には「マグガバンレポート」というのがまとまって、ガン、心臓病、脳梗塞などの現代病は、食事が原因の「食原病じゃ!」と結論づけました。

アメリカ人は動物性脂肪はとりすぎだし、各種ビタミンは全然足りてないってことが判明。それは病気も増えるよねと。

そこから、アメリカのサプリメント文化は発展を遂げたってわけです。

 

話を戻すと、僕らの食事も欧米化してますから普通に食事をしていると栄養の偏りって起こるわけですね。この忙しい現代生活。

そんなわけだからベースとなる栄養素はしっかり整えて、その上でプロテインやHMBを摂ってトレーニングしましょうよ、というのが KENの主張です。

KENがオススメしたいのは、超普通ですが、マルチビタミンを摂ること。

国が定める1日のビタミン所用量が摂れるわけですから、これさえやっておけば安心してトレーニングに励めるというものです。

マルチビタミンとは何かというと、腸内細菌から作られ不足することがないビタミンKを除いた12種類のビタミンが入ったものが多く、これに11〜12種類くらいの必須ミネラルを加えたマルチビタミンミネラルも人気。

 

マルチビタミンの効果はすさまじい

ビタミンの効果をよく知らないという人もいるでしょうから簡単におさらいしておきましょう。

(・・小難しくなるので要点だけ・・)。

・ビタミンAは別名をβカロチンともいい、粘膜を正常に保つ働きや活性酸素を除去する力があります。不足すると皮膚炎にかかりやすくなったり、視力に影響が出たりします。

・ビタミンB群はシンプルに言うと、エネルギーの代謝に関わっています。糖質も脂質もエネルギーに変わるのにビタミンB群の力を借りています。だから、ビタミンB群が不足するとエネルギー変換がうまくいかなくなり太ります。ダイエッターにはビタミンB群は必須ですよ!

・ビタミンCは免疫に関わります。不足すると風邪を引きやすくなったりします。また、コラーゲンの生成にも関わるのでお肌の調子にも関係。ビタミンCは体の調子に直結な印象なので、必要量をせっせと摂っておくべき。水溶性なので飲み過ぎてもおしっことして流れていくのも安心。

・ビタミンDは、KEN的には要注目の栄養素!一般的にはカルシウムやリンの吸収に関わると言われてますが、最近は筋トレとの関係も注目されています。代謝に関わるらしく、筋トレ中にビタミンDをよく摂っておくと筋肉のつき方が速いしいいってビルダーも言ってますね。

・ビタミンEは、「若返りビタミン」とも言われていて、老化や生活習慣病を防ぎます。あと・・変な話性ビタミンとも言われ夜の生活にも効くって話ですね。

・葉酸は「造血ビタミン」と言われ、血液を作るのに関わっていて、不足すると貧血になったりします。

・・これだけたくさん機能があるのだから、逆に摂取しなかった時のことを考えると恐ろしくなりませんか。調子も悪くなりますよ。

また、ビタミンはそれぞれが補い合っている側面もあるので、マルチビタミンとして一緒に吸収することで相乗効果でより機能します。

マルチビタミンのオススメは?国産で大丈夫?

効果があるのはわかりました。じゃあどれを買えばいいの?という疑問がわきますよね。

一昔前ほど差はなくなったとは言え、ビタミン系のサプリはやはりアメリカ製のほうがKENはいい気がします。

含有量が全然違いますし、発想が大胆で面白い加工や組み合わせの製品が多いですよね。

KENがよく買っているのはアナバイトのギャスパーニュートリション(安い!)

マルチビタミンミネラルなんですが、体内で利用されやすい補酵素型というタイプで作られていて、飲んで時間をおかずに体調に出てきます(とKENは感じます)。

また脂肪燃焼のカルニチンも入っているため、走ったりするとテキメンに汗をかきますね。

難点は大粒で飲みにくいところ。そこだけなんとかして^^;

DHCのマルチビタミンも試していた時期がありますが含有量で考えると意外に値段も高くて、ANAVITEのような「効いてる!」って実感値が低いので止めました。

その他チェックしておきたいポイントは「タイムリリース」と「キレートタイプ」。

水溶性のビタミンは普通に摂取すると体内に1〜3時間しか止まれなくて尿や汗で出て行ってしまいます。それを少しずつ溶け出すように加工したのがタイムリリースタイプ。この加工が施してあると効率的な摂取ができます。

同じくこれはミネラルの話になりますが、腸で吸収されるときに通常は数パーセントしか吸収されてないですね。そこを特定のアミノ酸でコーティングして吸収効率を高めるようにしたのがキレートタイプです。アメリカ製で見かけます。

より吸収効率を考えたいという人はこの2つのタイプを選んでください。

含有量、加工タイプ、原産地など工夫すると、「おぉ!」というくらい体調が変わる攻めのサプリメントになるのがマルチビタミンです。

ぜひ試してみてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ