糖質制限してる人は注目。カーボサイクルのススメ

こんにちは!KENです。

今日はカーボサイクルという考え方について紹介してみたいと思います。

簡単に説明するとカーボ=糖質の量を意識的に増減(サイクル)させるというものになります。

情報に振り回されすぎない

糖質制限、ケトジェニックダイエット、アトキンスダイエット、リーンゲインズなど糖質にまつわる情報は氾濫しています。

糖質ではないですが、HMBの情報も多いですね。

基本的には糖質は減らすのがいいというコンセンサスができてきているように思いますが、どの程度減らせばいいのか、本質的に必要かそうでないかなど情報に振り回されてわけがわからなくなっている方も多いでしょう。

エネルギーの代謝は非常に難しい面もあるため、KENも完全にこうだとはなかなか言い切れません。生化学の知識がかなり必要ですからね。

でも、経験的に「こうではないかな~」ということがあるのでお伝えします。

それが「カーボサイクル」。

これは特に減量を目指している方は意識したほうがいい視点です。

糖質制限を誤解しないよーに

筋トレダイエットでも、普通のダイエットでも、みなさんがまずするのは「糖質制限」かと思います。

たしかに糖質を制限すると痩せます。というか体重が落ちます。

体内で糖質は水分と結びついているため、糖質を減らすとくっついている水分も体内から抜けて体重が落ちる。

もちろん糖質がなくなったことによって脂肪が燃えやすい環境が体内にできて、体脂肪が落ちる=痩せるということも起こります。

ところが体には順応する機能があって糖質制限を続けていると、「慣れて」しまうのです。

(・・体内の声・・)

「こいつ、最近糖質制限ダイエットやってるな。毎日晩酌しているのに無駄なことしやがって。」

「そっちがその気なら俺らもエネルギー倹約して、おとなしくしていようー」

こんな具合で、はじめはするする落ちていた体重が止まってしまうのです。

そこでカーボサイクルの出番。

意識的に糖質を増やしたり減らしたり調整を入れるのです。

(・・体内の声・・)

「エネルギー切れでへとへとだぜ、おい。・・お、キタキタ。糖質控えてたのに摂る気になったか。」

「よっしゃー、糖質入ってきた。祭りだ、祭りだ~。みんな代謝を回せー!」

このように体はエネルギー代謝を上げはじめ、また体重は落ち始めます。

で、ポイントなのが1日だけ糖質を摂取して次の日からまた糖質をカットしても体はアイドリングのようにしばらく代謝を上げ続けるというところ。

(・・体内の声・・)

「ん、ちょっとエネルギー切れてきたか。でも、まだ元気だから代謝回せるぜー」

そして、代謝がまた落ちてきたら、また1日だけ糖質を入れる。

この繰り返しを行うことをカーボサイクルと言います。

つまり体をうまく騙して糖質が入っているかのように感じさせ、代謝が高い状態を維持するという技です。

糖質制限をしている人は、「糖質を摂る」ということに病的なほど臆病になっていることがあります。

少しでも糖質を摂ったらあっという間にリバウンドするのではないか、とビビっている。

しかし、糖質を過剰に制限したその状態こそ実はプラトー状態を作っているし、体にも変な負荷がかかっていることが多いのです。

ボディビルダーでも達人は、最後の減量期に1日だけパスタを摂ったりします。

そうすると停滞気味だった体脂肪率が勢いよくまた落ち始めて、体がキレてくるのを経験的に知っているんですね

ビルダー初心者ほど最後まで糖質を徹底的に抜きまくって、色艶が悪く、げっそりした雰囲気で大会に臨むことになりがち。

ビルダーほど極端でなくても、細マッチョのかっこいい肉体作りをするためには減量期は避けられません。

その時にカーボサイクルを知識として知っていると、楽に効率よく脂肪を削っていけます。

糖質制限信仰のある人は、よく覚えておいてくださいね。

KENでした。

スポンサードリンク

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ